トップページ>サービス・製品>名寄せ自動封入封緘 (ふうかん) システム

名寄せ自動封入封緘 (ふうかん) システム

名寄せ自動封入・封緘システム宛先ごとに封入(名寄せ)が可能!手作業の手間・ミスがなく、個別情報発信が正確

こんな時に役立ちます!

こんな時に役に立ちます

封筒に入れる手間や時間をかけずに作業したい。

お客様別に内容物を変えて封入したい。

封入作業での間違いをなくしたい。

折り目をキレイにしたい。

①出力シート

一人一人の宛先や封入物の 選択、折り方などの情報が書いてある紙を機械にセットします。

出力シート連続帳票をシステムにセットします。

順序出力シートから名寄せ

②名寄せ(宛先情報読み取り)

出力シートに書いてあるマークやバーコードを読み込んで、宛先ごとの情報をシステムが認識します。

名寄せ(宛先情報読み取り)読み取り装置で宛名情報を認識します。

名寄せから封入物

③封入物 折り加工

宛先などを読み込んだ情報により、一枚ずつ設定した折り方に変えていきます。

封入物折り加工・折りパターンは4パターン選べ、ボタンで自動設定折り加工は4パターン選べ、ボタンで自動設定。

配送物を選択出来る。

封入物から宛先ごと

④宛先ごとに選択封入

同封物は最大6点まで可能です。 宛先ごとに選択して封入することもできます。

宛先ごとに選択封入インサーターが同封物を選択

※例として配送物を選択出来る。

宛先ごとから総厚み

⑤総厚み・宛名窓部検査

個別に封入された発送物を検査していきます。名寄せ情報と照合し間違いがあれば見つけ出します。

総厚み検査装置・宛名窓部検査装置総厚み検査装置(左)・宛名窓部検査装置(右)


名寄せ自動封入封緘システムをご利用いただくには

出力シートは連続帳票となります。

宛名情報の出力シートは連続帳票のみとなります。
両サイドのスプロケットで用紙をシステムに送りこんでいきます。宛名情報を認識し必要なところで停止・カットさせる必要があるためです。宛名情報をシステムが認識するためには出力シートに当社で指定するOMRマーク又はバーコードが必要となります。

連続帳票

封筒は洋形定型サイズとなります。

当社のシステムはインサーター(封入封緘)が洋形定型サイズ専用機となります。

洋形封筒

情報セキュリティはご安心ください!

個人・顧客情報はセキュリティ上、最高に重要な情報資産です。当社は2011年8月30日に情報セキュリティマネジメントシステムISMS/ISO27001を認証取得しております

情報セキュリティマネジメントシステム国際規格