LifeStyle

佐藤公威選手が初めて語る 最愛の家族への思い

2017/03/15


●お子様が生まれてから、ご自身や選手としての心の変化はありましたか?

独身時代は自由気ままな生活をしていました。すべての時間を自分のために使ってましたから(笑)。でも子供が生まれてからは、守るべきものができて、自分がこけてしまったら家族もこけちゃうんで、そういう責任感は強くなりましたね。


●お子さまとの時間は、ありますか?

シーズンに入ると子どもたちと休みが合わないので、シーズンオフの時間を使ってできるだけ一緒にいるようにしています。学校が終わってからとか保育園へ迎えにいった後の時間は、常に「楽しいことをさせてあげたい」と思っています。一緒にバスケットをしたり、下の子たちはゲームセンターへ行きたいと言うので、連れていきます。でも長男は思春期なのか、あまり僕と遊んでくれないんですよ。もっと興味をひくことができればいいけど、僕もまだ子ども心が分かってないですね。子どもの興味をひくコツを理解できるようにしたいです。


●子育てに関わって感じたことは?

改めて、子育てがすごく難しいものだと気づきました。自分が子どものときの態度や当たり前にしていたことが、今になって「悪かったな」と実感します。
ただ、子育てを通して1つだけ思ったのは、子どもは自分の「鏡」ですよね。例えば「靴をそろえなさい」と子どもに教えても、自分が靴をそろえていなければ、そろえるようになるわけがありませんよね。
それに以前の僕は、「バスケットしているパパ」がかっこいいだろうと思っていたけど、実はそうではなくて、普段一緒にいるけど「見えないところに気づけるパパ」がかっこいいのかなっと最近分かるようになりました。親って大変ですよね(笑)。

 

 

●ご家族は応援にきてくれますか?

ホームのときは毎回来ます。毎回来ないと僕が嫌なんで(笑)。家族が来ないとテンションが上がらないですね。自分の親が働く姿って、なかなか見る機会がないですよね。だから自分の家族に1番見せてあげたいと思います。
うちの奥さん粋なところがあって、アウェイゲームに行くと、たまにサプライズで試合を観に来てくれています。そうすると、めちゃくちゃ嬉しいです。過去の記録でも、アウェイゲームに家族がきてくれると、すっげ活躍してましたよ!
実は今まであまり家族のことを、取材される機会ってなかったですよ。初めて家族のこと話ましたね。だって、結婚してることも言ってないですよ。家族は自分だけが守ればいいから、わざわざ話す必要はないと思ってました。だからすごく今、不思議な感覚です(笑)。

 

●今、選手として思うことはなんですか?

今もバスケット選手という、自分の好きなことで家族を守ることができていることを誇りに思っています。
世の中には、やりたくない仕事をしている人だってたくさんいると思います。逆に好きなことを仕事にしている人の方が少ないですよね。だから、僕は自分の好きなことができていることに、すごく感謝しています。

 


———————————————————————-

【SCHEDULE】

●3/25(土)18:00~
●3/26(日)13:00~
vs川崎ブレイブサンダース
(新潟市東総合スポーツセンター)

●4/1(土)18:00~
●4/2(日)14:00~
vs三遠ネオフェニックス
(愛知県 豊橋市総合体育館)

●4/8(土)18:00~
●4/9(日)13:00~
vs富山グラウジーズ
(富山県 富山県総合体育センター)

●4/15(土)18:00~
●4/16(日)13:00~
vsサンロッカーズ渋谷
(シティーホールプラザアオーレ長岡)

●4/22(土)18:00~
●4/23(日)14:00~
vs横浜ビー・コルセアーズ
(神奈川県 トッケイセキュリティ平塚総合体育館)

●4/29(土)18:00~
●4/30(日)13:00~
vs三遠ネオフェニックス
(シティホールプラザアオーレ長岡)

【PAPA’S DATA】

佐藤 公威(さとう きみたけ)

10歳、5歳、4歳、1歳の4人のパパ。
1984年4月23日生まれ。長岡市出身。ポジションはシューティングガード。
背番号23。今季、再びキャプテンとしてチームをけん引している。


~新潟アルビレックスBB~
新潟アルビレックスBBは日本初のプロバスケットボールチームとして2000年に誕生しました。2016年からはB.LEAGUE1部B1へ参入。またホームタウンを長岡市に、ホームアリーナをアオーレ長岡へ移転しB.LEAGUE初代チャンピオンを目指して戦っています。
https://www.albirex.com/